ホーム > スポーツ外傷
スポーツ外傷

トップアスリートから支持される鍼灸接骨院

当院の院長は、高校時代にサッカーを始め、実業団チームで活躍していた経験があります。その後、フットサルやサッカーチームでのトレーナー経験を経て、鍼灸接骨院を開業しました。
自身がスポーツをこよなく愛しているからこそ、アスリートをサポートしたいという気持ちは強く、その気持ちがアスリートたちとの信頼関係を支えています。

アテネ、北京、ロンドンとオリンピックに出場されているトライアスロンの田山寛豪選手もインディバ・アクティブセラピーを使ったケアとコンディショニングでサポートさせていただいています。
当院は多くのトップアスリートが来院されています。

こんな症状に対応しています

こんな症状に対応しています

当院には、サッカー、野球、バスケットボール、バレーボール、トライアスロン、空手、ラグビー、マラソンをはじめとする陸上競技など、幅広い競技のアスリートが来院しています。また、健康づくりに励む一般の方や、未来を夢見る小学生から大学生までの学生アスリートも大勢来院しています。
故障すれば療養が必要ですが、練習を休むことはアスリートにとって辛いことです。試合前は特に休みたくないという気持ちは十分に理解できます。そこで、なるべく最短で練習に戻るための治療を心がけています。
特に成長期のお子様は早期発見で治療に専念し、これから先の長いアスリート生活に悪い影響を与えないようにすることが大事です。一緒に辛い時を乗り越えていきましょう。

主な競技別にみる主な症状
サッカーオスグッド・シュラッター病、足首のねんざ、半月板損傷、靭帯損傷、打撲、肉離れなど
野球野球肩、野球肘、投球障害など
バレーボールジャンパー膝、足首の捻挫、足底筋膜炎、指の骨折や脱臼、オスグッド・シュラッター病など
バスケットボールジャンパー膝、オスグッド・シュラッター病など
陸上競技ランナー膝、ジャンパー膝、シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)など
柔道捻挫、打撲、脱臼など

当院独自の治療により

当院ならではの治療法

当院では、院長の経験に基づき、その症状に効果的な治療法を選択しています。
特に中国鍼治療には力を入れており早期に回復させ仕事や競技復帰を目指しています。
患者様のケガの状態にもよりますが、おおよその復帰までの日数をお話しさせて頂いてます。

かげやま接骨院の中国鍼治療について
かげやま接骨院では効果を追求している北京堂浅野式鍼治療を行っています。
鍼治療をする事により、硬くなった筋肉を緩め、血行を良くし、自律神経を調節させて
もともと身体に備わっている自己修復能力を最大限発揮しスポーツ障害はもちろん
痛み、しびれ等におけるつらい症状を早期に改善させることを目指します。


新着情報

一覧を見る

2020/06/01

診療日及び診療時間の変更のお知らせ

6月より診療時間及び予約受付時間
月曜~金曜  
10:00~20:00
(鍼の受付19:00 接骨院受付19:30)
土日祝
10:00~18:00
(鍼の受付17:00 接骨院受付17:30)
木曜日 
  休診
ご予約よろしくお願い致します

2020/05/26

6月より予約優先制になります。

6月より当院は鍼治療、接骨院共に
予約優先制となります。
信にご面倒ですが、お電話や受付にて
ご予約を受け付けておりますのでよろしく
お願い致します。

アクセス



かげやま接骨院 
〒301-0004
茨城県龍ケ崎市馴馬町2954-3    
TEL:0297-84-6192

関東鉄道竜ヶ崎線
竜ヶ崎駅より徒歩14分
※駐車場6台完備

お問い合わせ 詳しくはこちら